FC2ブログ

北陸の春は

北陸2days 4月13日金沢アートグミ/4月14日富山nowhere 公演
無事終了です。
 
今年の春は少しゆっくりです。大阪から金沢、富山へと北上すると、ゆっくりと関西で体験した春を巻き戻しているような風景の連続でした。
 
初日の金沢アートグミでの演奏は、ナリモのメンバー岩井さんのホームとあって安定の演奏。
岩井さんイキイキ。
1人POLY!アプローチも無事金沢に受け入れてもらったのかな。
 
翌日のnowhereでの公演は、3年前のメンバーとほぼ同じで感慨深い。
白夜の空間の中でいただいたnowhereさんの特性スウィーツは酸味がきいていて新しい”春の季語”のような印象。
藤木さんの植物たちも春を迎えて少しウキウキしながらも照れているような感じもした。
ナリモは新しい曲もあって彼女たちも春を迎えているのだね。
西田さんのディーバっぷりにも驚愕。
2019_4北陸_9のコピー 
僕はといえば、少し硬質な新しい楽曲も交えて、割と即興性高めのプログラム。こちらでも自奏楽器をバックに演奏。概ね好評で安堵。
アルバム「ferment」はnowhereさんにても取り扱っていただくことになりました。皆さん改めて聞いて見てください。
 
北陸の海は結構荒ぶっていた。
今年はみんな”あらぶの春” なのかもしれない。
 
今年の冬はPOLY!三昧だったけど、春はピアノ”演奏”という時間を過ごすことができて大変幸せでありました。
 
関わっていただいた皆さんありがとうございました。

2019_4北陸_11のコピー

2019_4北陸_12のコピー

写真:上田伸也


□日時:2019年4月13日(土)
【金沢アートグミ10周年記念感謝祭】

【白夜-byakuya- 春に漣む(さざなむ)音楽会】
□日時:2019年4月14日(日)



Artlink 2019 UNLIMITED 高松市障がい者アートリンク事業報告展覧会参加

3月14日から18日まで開催されたArtlink 2019 UNLIMITED 高松市障がい者アートリンク事業報告展覧会に初めて参加させてもらう。
 
僕はパフォーマンスはもちろん、参加アーティスト、施設長さん、一般の方も参加したトークセッションにも出席。
複数の障がい福祉サービス事業所と多種多様なアーティスト(造形作家、美術家、音楽家、振付家、ダンサーそして画家)が参加しているプロジェクトの強み、つまり事業所とアーティストたちの様々な出会いの可能性、関係性、その連携のシャッフル化など、興味深い話が展開されていた。
写真は報告書冊子。
大阪にも何冊か持って帰る。
Artlink 2019 UNLIMITED_1
 
点と点ではなく、面にしていくことがよりワクワクする展開を引き寄せていくのだろうな。

さて、ほのぼのオールスターズのライブは約1時間ほど。アルバムリリース以降の新曲が4曲。
サウンドのカラーバリエーションが増えたかな。新しいアルバム作成の話も出てきた。 
他の出演者さんについていうと愛媛のyummydanceが参加していた施設のステージも胸が熱くなった。
  
総合プロデューサーの田野さんはじめみなさんお疲れ様、そしてありがとうございました。
 
それにしても四国は空気が綺麗で水が美味しかった



□2019年3月14日(木)〜18日(月)start10:00 till 21:00
□入場:無料
□会場:高松市瓦町FLAG コトデン瓦町8F
〒760-0054 香川県高松市常磐町1-3-1 Tel.087-812-7000


大所帯非楽器アンサンブルPOLY! 3月10日豊中市野田中央公園での防災フェア参加は笑顔で終了。

あいにくの天気の中、POLY!はガラス瓶サウンドリレーや紙コップ+タコ糸通しジャングルなどをやってきました。
 
愛知県芸術劇場以来紙コップにトライしている我々です。
今回の屋外POLY!では紙コップを使って、子供と風に任せた「サウンド環境の出現」を目指す。
何か大仰なサウンドが出るわけではないけど、タコ糸を通したジャングルだけでも子供たちは十分楽しいのかもしれないと見ていて思った次第。
いつもながらの音大生サポートにも大感謝。
 
去年の12月からタチョナのワークショップ・シリーズ、ローズホールでの公演、そして今回の屋外POLY!
と音大生交えてのタチョナとのシリーズは今回の屋外POLY!をもって一旦全日程終了。

我々を尻目に消防のスタッフの皆さんはキリリとしていた。 
みなさん本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

シンプルに一つのことに集中して、飽きたら次!的な子供の潔さが気持ち良かったのであるよ。

大所帯非楽器アンサンブルPOLY!

2019野田公園_2

2019野田公園_1



【第3回野田校区防災フェア】
□日時:3月10日 100:00から13:00
□出演:災害救助犬による実演、消防車に乗って撮影会、炊き出しと非常食の試食、日用品で演奏コーナー 他
□主催:野田校区地域自治協議会


TOYONAKA ARTS TRIBE 終了

462C5627のコピー

2019_3_1 写真

TOYONAKA ARTS TRIBE自分のためにもメモが残っている間に自分のDJ時セットリストをあげておきます。
問い合わせが多かったのはDate Course Pentagon Royal GardenとMarewrew。
バリでのフィールドレコーディングのサウンドや、工事現場の音を使いながらその場でどんどんライブミックスしていっているので、印象はまた違うかもしれませんが。
M1:「Open Eye Signal/John Hopkins」from『Open Eye Signal』2013
M2:「Major Minor/Karmon」from『Picture: Karmon』2018
M3:「Lick My Puzz Original Mix/Guille Placencia」from『Lick My Puzz』2018
M4:「 Sounding Line 3/Moritz Von Oswald Trio」from『Sounding Lines』2015
M5:「CIRCLE・LINE~HARD CORE PEACE/Date Course Pentagon Royal Garden」from『MUSICAL FROM CHAOS』2003
M6:「Heart Bomber Original Mix/Doubtingthomas」from『Capon's Method』2015
M7:「Hawsa/Marewrew」from『Cikapuni』2016
M8:「Got To Keep On/The Chemical Brothers」from『No Geography』2019
M9:「Passing Tone /Doubting Thomas」from『DIAPASON』2018
M10:「Fat Back Funk/Radiq」from『Hub Opus Tokyo』2009

クラブではない場所で大音量快音音楽を聴く機会がないので楽しかったという内容の感想いただきたいへん嬉しいです。
みなさんありがとうございました。



□日時:2019年3月1日(金) 19:00
□料金:一般 /1,800円(club CaT 1,600円)
□会場:豊中市立文化芸術センター 展示室
Program Director 久保田テツ
Sound Design 西川文章
出品作家:やんツー、塚原悠也(contact Gonzo)


大所帯非楽器アンサンブルPOLY!の怒涛の2月も終了

大所帯非楽器アンサンブルPOLY!にとって怒涛のスケジュールも終わってみればちょっと寂しい感じ。

まず2018年の年末から継続的に行ってきた「庄内つくるワークショップ」。
一般社団法人タチョナからお話をいただき、庄内地域の小学生たちとサウンドでセッションをシリーズ展開。
大阪音楽大学の学生のサポートも得ながらワークショップで演奏の幅、音楽の隙間を探索してきた。
2019年の2月9日には豊中市立ローズ文化ホールにて行われた「世界のしょうない音楽祭」にオープニングアクトとして小学生たちと参加。大きなホールでワークショップの延長にある表現を見せることができて大変嬉しかったです。

続いて2月11日は愛知県芸術劇場にて「サウンドパフォーマンスプラットフォーム 2019 」に参加。
電気、エレクトロのノイズ音楽が大多数をしめる中、POLY!は4桁の数の紙コップを導入し、紙筒、ラジオ、電動歯ブラシとミックスしながら、サウンドが立ち上がったその後までトレースするようなアプローチで楽曲「パノラマ並奏曲」を展開。
2018年のKAVCの時の組曲「日 用 第 九」とは逆のベクトルの演奏になる。

全て終了して落ち着いて振り返ってみればもちろん課題も見えるし、まだまだなところも当然ある。
それでもメンバー全員でやりきった感を共有できたことが素晴らしい。
どちらもいい経験をさせてもらった。

関わっていただいた関係者の皆さん、そしてお越しいただいたお客さん、そしていつも応援してくれているみなさんありがとうございました。

2019怒涛のPOLY!

2019怒涛のPOLY!_4

2019怒涛のPOLY!_3

2019怒涛のPOLY!_1

2019怒涛のPOLY!_2

上記4枚撮影:前田瞳



【世界のしょうない音楽祭】
□日時:2019年2月9(土)13:30 open/14:00start
□会場:豊中市立ローズ文化ホール
□料金:先着300名無料
□共催:(公財)日本センチュリー交響楽団/豊中市市民指定管理者
 協力:大阪音楽大学/しょうないREK

【サウンドパフォーマンス・プラットフォーム 2019】
◻︎日時:2019年2月9日(土)17:00〜 / 2月11日(月・祝)15:00〜
◻︎出演:2月9日 夏の大△、藤田陽介 他 / 2月11日 電力音楽(木下正道/多井智紀/池田拓実)、Hair Stylistics(a.k.a. 中原昌也)、大所帯非楽器アンサンブルPOLY! 他
◻︎料金:2日通し券3,000円 1日券 2,000円 U25 1日券1,000円 高校生以下 無料(事前申込必要)
◻︎会場:愛知県芸術劇場小ホール


information




-LIVE INFO-
2019_5_25 大阪
2019_5_18大阪
2019_4_14富山 piano solo
2019_4_13金沢 with ナリモ
2019_3_15,16 香川ほのぼの
2019_3_1大阪 DJ
2019_2_15神戸 TALK
2019_2_11愛知 POLY!
2019_2_9大阪 POLY!
2019_2_2大阪TALK
2019_1_12神戸 ダンス音楽
2018_12_23京都 POLY!

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

category
calendar
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -