プロフィール



-LIVE INFO-
2017_7_28 神戸
2017_9_2 神戸
2017_10_6 神戸
・音楽トークイベント
2017_11 solo/group

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【ピアノとうどんと古本市】終了

今年最後の演奏となりました。
共演者のみなさん、お客さん、お店さん。
みなさんとても素晴らしく主催者としてとても嬉しくおもいます。
そしてありがとうございました。

共演者のみなさん、お客さん、お店さん。
みなさんとても素晴らしく主催者としてとても嬉しくおもいます。
そしてありがとうございました。

音楽のイベントを組むにあたって内容はもちろんなのですが、どの会場でおこなうのか。この会場選びというものが大変重要だと思います。川西市絹延橋にある"うどん屋の2F"というスペースは文字通りうどん屋さん、しかも手打ちうどん屋さんの2Fに設置されたカフェ&イベントスペースとして使用されている空間です。ガラス張りと木の床、小学校の教室の雰囲気もさせる机や椅子。子供も安心して走り回ることが出来る空間でもあります。
このうどん屋さんは地域に根ざしながらより開けた場所としての役割も目指しているようで、一種のコミュニティ・サロンのような役割を果たしていきそうな雰囲気をもっています。
こうした確かな気持ちをもっているスペースで音楽を演奏することができるというのは僕にとってとても大切なことです。

また内容についてですが「音楽と食事と古本市」といった個人的に大好きなものが、ひとつの生活空間の中にあつまり、それぞれ交流していくイベントを開催することが出来て、2013年での目標の一つが達成されたこととなります。
”エレガントでリッチな空間(という表現をあえて使用してみる)”というものは目に見えるデザインだけで決まるわけではもちろんなく、それぞれのジャンルで日頃から志を持って活動している人達が集うことによって醸し出されていく雰囲気であり、見えないものが見えてくる瞬間だと思います。

このうどん屋の2Fでの音楽イベントは2014年以降も続けていくことが出来そうなので、より素敵な空間になるよう日々しっかり精進していきたいと思います。
ぜひ会場で会いましょう。

あらためて今回の出演の" 関谷友加里+田中ゆうこDUO” さん、場内音楽担当の岡田 能行さん(ripple)、古本市チームの”ご近所有志の方々”、僕のチームの岩本象一さん、今回参加のフィドルの横山しょうこさん、来ていただいたお客さん、会場のうどん屋さん 
大変お世話になりました。ありがとうございました。

来年はあなた様と一緒に良い経験・体験を過ごしていきたいとおもっています。

早速ですが3月8日(土曜日)にギタリストの中村 好伸trioを迎えて「ピアノとギターとうどんと古本市」を開催します。
えぇ、再び先日のような空間が出現することになります。

普段はあまり音楽きかないなといった人達から美味しい水のように音楽を必要としている人まで、音楽を聴く機会がある全ての人に送ります。

よろしくおねがいします。
P1010579.jpg
P1010581.jpg
撮影:上杉朋子

« 2014年1月25日(土)【電子音楽のスタディーズ VIII. 電子音楽のマラソン・リスニング】 - Home - 2013年最後のfield habana公演 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop