プロフィール



-LIVE INFO-
2017_3_31 香川

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

どこまでもひろがる弦のアンサンブルとピアノの演奏

快音採取企画
【ピアノとギターと古本市で手打ちうどん】
川西絹延橋での音楽と古本市と食事のイベントのvol.2

1150232_645066928873641_900638719_n.jpg

今回の出演
・江南泰佐(piano)+岩本象一(drums)Duo
・中村好伸(acoustic guitar)+岩本象一(percussion)+赤坂ミチル(woodbass)Trio
つまりは岩本氏祭りとなります。
彼はダブルヘッダーです。
ファン必見ですね。

会場について
手打ちうどん絶品の川西市絹延橋にある"うどん屋の2F"

川西市絹延橋にある"うどん屋の2F"というスペースは文字通りうどん屋さん、しかも手打ちうどん屋さんの2Fに設置されたカフェ&イベントスペースとして使用されている空間です。ガラス張りと木の床、小学校の教室の雰囲気もさせる机や椅子。子供も安心して走り回ることが出来る空間でもあります。
このうどん屋さんは地域に根ざしながらより開けた場所としての役割も目指しているようで、一種のコミュニティ・サロンのような役割を果たしていきそうな雰囲気をもっています。
こうした確かな気持ちをもっているスペースで音楽を演奏することができるというのは僕にとってとても大切なことです。

内容について
素晴らしい音楽と丁寧な手打ちうどん。そして古本市のチームと場内音楽担当チームによるこだわりのセレクト。

”エレガントでリッチな空間(という表現をあえて使用してみる)”というものは目に見えるデザインだけで決まるわけではもちろんなく、それぞれのジャンルで日頃から志を持って活動している人達が集うことによって醸し出されていく雰囲気であり、見えないものが見えてくる瞬間だと思います。

情報
・2014年3月8日(土曜日)18:00open/18:30start
・2000円(1手打ちうどん一杯付き)
・兵庫県川西市絹延橋 ”うどん屋の2F”
 http://udonyanonikai.jugem.jp/
 072-767-7639
 阪急宝塚線川西駅下車→能勢電鉄絹延橋駅下車
 ↓
 改札でてすぐ左折
 ↓
 一つ目の交差点を右折
 ↓
 30秒ほどで右手に見えてきます。

出演者
中村好伸trio
どこまでの広がっていくような豊かな弦楽器達と景色を彩る打楽器のアンサンブルが魅力のインスト・トリオです。東京のレーベルmaoからアルバムをリリースしてきたギタリスト中村好伸氏を中心に結成されています。2014年春ごろ今回のTrio編成でのアルバムをリリース予定。
実は僕もmaoのコンピレーションに参加したことがあるという不思議なつながりでもあります。

江南泰佐Duo+α(主催者)
独特の和声・ピアノ言語を演奏しながら、どこまでも続いていく絵巻物のような音楽を奏でるDuo。ラジオDJやトークイベントなどでも活動してきたこともあり、イベント開演のトークも楽しみにしていて欲しいです。アルバムも2014年予定しています。

岡田能行(場内音楽)
ユニットrippleでの活動をメインに子供とアートをつなぐプロジェクトにも参加。オリジナルな展開を見せてくれる彼の場内音楽セレクト。気軽にセレクトを尋ねるとおどろくほどの情熱で応えてくれると思います。イベントを用紙で包んでリボンをつけてくれるようなセレクトが期待出来ます。チラシ担当でもあります。

古本市チーム”ご近所有志の方々"
「いらない本を古本市にだすわけにはいかない」というしごく全うな悩みをもんもんと抱き続ける北摂本好き女子チーム。本をセレクトしている人を見るのが幸せということなので次回のセレクトも期待大です。


主催:快音採取
僕企画のイベントは2014年から”快音採取企画”としようとおもっています。音楽をする人間としてはジャンル関係なくさまざまな快音にこだわらないわけにはいかないのだ。

というわけでよろしくおねがいします。

« 電子音楽のスタディーズ第8回「電子音楽のマラソン・リスニング 」ゲスト・トークに参加してきました。 - Home - 2014年1月25日(土)【電子音楽のスタディーズ VIII. 電子音楽のマラソン・リスニング】 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop