プロフィール



-LIVE INFO-
2017_10_6神戸
・音楽トークイベント
2017_11_4京都
・solo
2017_11_5京都
・初アンサンブル
2017_11_19京都
・ensowatt

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

enami Taisuke 1st album " HILL "

2008年12月3日enami Taisuke 1st album " HILL " (Meister Musik)

「良いものは太陽の方に向かっているのではないでしょうか。僕は太陽に向かうものをつくっていきたいと常々思っています。」

バリ、竹富島、江ノ島、市島などで録音されたfield recording素材や日常音とmelodica、keyboard、pianoがミックスされる明るく開かれた作品。

 enami Taisuke 『HILL』(meister011)
 1.Saku
 2.Shima Zori
 3.Terrace
 4.Ndn
 5.Sonar
 6.Hrn
 7.Hill
 8.Niwa 2
 9.Inano

all composed by enami Taisuke 2008
mastered by suds ippei
jacket designed by asada gen




<コメント>
・朝日美穂
「"Hill" を電車の中で聞いてみた。
フィールドレコーディングの静かな音楽をこんなとこで聞いてもなあ、と思いつつも、
iPodのイヤホーンを耳に当ててみると、一瞬でなんとも不思議な感覚に陥った。
自分が映画のワンシーンにいるような感覚に。
この場所とは似ても似つかない、鳥のささやきや野山のざわつきが、なんでもない、
いつもの疲れた夜の下り電車を静かに叙情するのだ。
車内アナウンス、電車のガタゴト揺れる音、乗客の貧乏ゆすり...
普段は聞こえないノイズが、リズムを持って耳に入ってくる。
そう、奏でられている音の外にある音までもが、美しく共鳴するのだ。
私は、車内をみまわした。
この一人一人にドラマがあるんだなあ...
なんてちょっとセンチメンタルな気持ちになったりして。
小さな日常を尊く感じさせてくる、魔法のアルバムです。」

・吉本秀純
「現在はPARAやBONOBOSで活躍する才人たちが集ったメロウDUBバンド=hawaii1200やラジオDJとして知られるenami Taisukeの初ソロ作。インドネシアのバリ、竹富島、江ノ島などでフィールド録音された心地よい音素材に、叙情的なメロディーやフォークトロニカ的な鍵盤が絡められた音は、生活の中のBGMとして聞き手の耳をゆるやかに刷新してくれる。( Lmagazine2009年 02月号)」

・永田ナヲミ 
「どこまでものびる音 あおい街 しろい森 とろとろと溶け合ってしずかな余韻をたのしみました。」

・イルリメ
「音、綺麗に作ってありますね~。京都らしい感じが出てると思います。」

« 明日にそなえて「しぼりたて 寒仕込み 早春賦」をぐいっと! - Home - enami Taisuke 『HILL』-ラジオ番組のオープニングテーマについて- »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop