プロフィール



-LIVE INFO-
2017_10_6神戸
・音楽トークイベント
2017_11_4京都
・solo
2017_11_5京都
・初アンサンブル
2017_11_19京都
・ensowatt

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

公開収録は無事に終わりました。

オトダマラジオ公開収録無事に満員御礼で終了できました。
本日お越しいただいたお客さん。本当にありがとうございます。

主婦の方、小さなお子さん連れの方、若い男性の方、そして結婚記念日を迎えられたご夫婦の方他、幅広いリスナーの方に支えられているんだなぁ、と感じました。みなさんのおかげで「オトダマ・ラジオ」は無事に2年目を迎えることができます。スタッフ一同喜んでいます。
ありがとうございます。

良い感じで席も埋まり!
2010_3_27

今回の模様は早速、3月29日から4月1日にかけて放送となりました。
内容は通常の番組収録をそのままカフェで丸ごと公開でする!というもの。皆さんに飽きずに付いて来てもらえるか。勝負!でした。イベントの進行は月曜日火曜日の収録とロングー・ライブをはさんで水曜日・木曜日の収録となりました。

どのように僕が喋っているかというと、これはリハーサルの写真ですが下記のように座ってですね。
2010_3_27_8.jpg

下記にセットリストをジャケットとあわせて載せておきます。

オトダマ・ラジオ2010年3月29日放送分 曲目リスト
月曜日「ワールドミュージック」コーナー
-オムニバス -
※月曜日は世界のいろんな地域・国の音楽を紹介しています。今回は「世界の島国の音楽」をテーマにセレクトしました。オフィス・サンビーニャでリリースされているものはリンクを貼っておきました。チェックしてみてください。
enami Taisuke_HILL
opening theme:Shima Zori/enami Taisuke 『HILL』
番組オープニング・テーマ収録アルバムです。

Jao Joby MALAGSY
M1:Tsy Zanakra Mpanarivo / Jao Joby『MALAGSY

Descarga Boricua ESTA SI VA!
M2:Me pongo yo/ Descarga Boricua『ESTA SI VA!』

Bill Tapia『Duke of Uke』
M3:In a Mellow Tone / Bill Tapia『Duke of Uke』

The Rough Guide to Irish Music
M4:Lark on the Strand・The Geese in the Bog・The Eavesdropper / Paul MacGrattan 『The Rough Guide to Irish Music


オトダマ・ラジオ2010年3月30日放送分 曲目リスト
火曜日「ウタモノ」コ-ナー
-ハライソ・パラダイスの音楽-
※イベント会場の名前が「ハライソ」なので、「オトダマ・ラジオ」的「楽園・天国」の音楽をセレクト!
enami Taisuke_HILL
opening theme:Shima Zori/enami Taisuke 『HILL』

ビタミンEPO
M1:土曜の夜はパラダイス/ EPO『ビタミンEPO』

Paradise and Lunch
M2:Tamp 'Em up Solid / Ry Cooder『Paradise and Lunch』

ISLAND MUSIC OF THE SOUTH PACIFIC
M3:Tonga: Muli Tu Pe / No Name 『ISLAND MUSIC OF THE SOUTH PACIFIC』

hosono.jpg
M4:ハライソ / 細野春臣『ハライソ』

ロングーのライブの模様です。お店は2階もあり、こちらにもお客さんが。食事しながら「ラジオ」のように収録を「聴きながら」イベントに参加!というのも僕達が目指したことの一つです。
2010_3_27_9.jpg

ライブが始まる直前とライブが終わってからの一曲を何度も何度も考えました。

オトダマ・ラジオ2010年3月31日放送分 曲目リスト
水曜日「ライブ音源」コ-ナー
- オムニバス-
※水曜日は「ライブ音源」コーナーの時もあれば、自然音・フィールドレコーディングされたサウンドを使った楽曲などを紹介する「フィールドレコーディング」コーナーの時もあります。今回は両方ともあわせてセレクトしてきました。
enami Taisuke_HILL
opening theme:Shima Zori/enami Taisuke 『HILL』

Joao Gilberto『Live in Montreux』
M1:Pra Que Discutir Com Madame / Joao Gilberto『Live in Montreux』

The BBC SESSIONS
M2:Seedpod / Homelife『The BBC SESSIONS』

Sound Bum
M3:インドネシア朝の森の音 / Sound Bum『Traveling with Sounds Vol.1』

Throw Down Your Heart - Africa Sessions Part 2
M4:Salam Aleikum / Bela Fleck『Throw Down Your Heart - Africa Sessions Part 2』


↑イベントの時に紹介したこの「オトダマ君」ですが、今年はいろいろ活用していこうかと思っています。


オトダマ・ラジオ2010年4月1日放送分 曲目リスト
木曜日「アーティスト・クロスオーバー」コーナー
-ドーナル・ラニー特集 Vol.1-
※木曜日は「アーティスト・クロスオーバー」コーナー。一人のミュージシャンに焦点をあて、ソロ活動やグループでの活動だけでなく、他のアーティストとのセッション、コラボレーション作品なども紹介していくコーナーです。今回はアイルランドのミュージシャン・プロデューサーのドーナル・ラニー特集となりました。
enami Taisuke_HILL
opening theme:Shima Zori/enami Taisuke 『HILL』

Planxty『LIVE 2004』
M1:The Kildareman's Fancy / Planxty『LIVE 2004』

Altan『Blackwater』
M2:Ar Bhruach na Carraige Báine / Altan『Blackwater』

Mozaiku 『Chnaging Trains』
M3:Reuben’s Train / Mozaik 『Chnaging Trains』


前のKBSでの僕の番組『Far East Jungle』やインターネットラジオの『Radio FOON』でも公開収録をしたこともあったのですが、公開インタビューだったりしました。今回のように収録全てをオープンにするのは初めてでした。選曲にあたって、公開・放送が夕方という時間帯・会場で始めて出会うリスナーさんに楽しんでもらえるように、そして会場のハライソの空間にマッチすること、食事を美味しく感じることができるような音楽であることなどいろんな要素を考えてセレクトしました。これが楽しくまた同時に大変でした。

今回の会場のハライソさん、ライブをしていただいたロングーさん、そしてリスナーの皆さん。
本当にありがとうございます。収録後に一緒にビールを呑めて僕はとても嬉しかったです。また皆さんお話ししましょう。

enami Taisuke_HILL
opening theme:Shima Zori/enami Taisuke 『HILL』
番組オープニング・テーマ収録アルバムです。みなさんこちらもご購入ありがとうございました。

オトダマ・ラジオDJ 江南泰佐



« 「オトダマ・ラジオ」2年目が決まりました。 - Home - オトダマ・ラジオ2010年3月25日放送分 曲目リスト »

2 comments
はじめまして
「オトダマ・ラジオ」仕事の帰りの車の中でいつも楽しく拝聴しています。
ラジオから流れる声は何気なく息子の声に似ていて
それだけで嬉しくなります
その昔のというか今から40年以上も前の私の若かりしころの曲を取り上げて下さることもあり
懐かしく聞いています。
お名前はずーと「ミナミ ダイスケさん」とばかり聞き取っていました。江南泰佐さん、始めまして。これからも番組楽しみにしています。頑張ってください。
Re: はじめまして
たまちゃんさんへ

応援ありがとうございます。

車の中で聴くラジオというのは、また独特の味わい、印象があるなぁと個人的にも思います。
今後もご期待に沿えますように。

ありがとうございます。

追伸
「ミナミ ダイスケ」というのも舞台俳優さんの名前のようで、これはこれでカッコよいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop