プロフィール



-LIVE INFO-
2017_7_28 神戸
2017_9_2 神戸
2017_10_6 神戸
・音楽トークイベント
2017_11 solo

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

満員御礼で大変ありがたく!

【enami Taisukeトーク・ライブ:誰も触れてきていない音楽”Field Recording”音源特集】
満員御礼でありました。無事終了しました。
女性のお客さんが圧倒的に多かったですね。ありがとうございます。

今回のトークはイラストレーターの太田由美さんの個展「うちの秘蔵っ子、お披露目展」(2010年9月20日(月)~10月8日(金))の千秋楽イベントとして開催されたものですが楽しんでいただけたものと思っています。

トーク内容は、以前の『パラレルワールド in KOMAYAVol.4』での「フィールドレコーディング概観」にさらに肉付けしていった感じで1990年代前後のアンビエント・チルアウトといったミュージシャンの作品との比較などもしていきました。

自然音を録音してきたフィールドレコーディングモノが単なる音の記録から"作品"そして"商品"としてマーケットを獲得し流通していく過程。
1960年代以降の第一世代ヨガやカウンターカルチャー、ニューエイジとの関連、グローバリゼーション、人・モノ・カネの移動の話から、今の時代を各自どう認識していくかという話までつなげることが出来たのが収穫ではないでしょうか。

ラジオ番組でも度々紹介してきましたが、今回トークイベントでDavid Darling & Wulu Bunun『Mudanin Kata』を最後のシメとしてもってきました。西洋のクラシック・現代音楽のアーティストのDavid Darlingがアジアの台湾の部族の合唱隊とセッションをする。しかもスタジオではなく現地で屋外フィールドレコーディングも含めた形での録音。CDクレジットにもきちんと両者が紹介されている。などいろんな点で新しい発見がある作品。

世界史の中での自分の作品の立ち居地ということに自覚的になること。言葉でしかっり表現すること。
こうしたことの一つの参考・訓練にもなったトークライブでした。

個人的にもっと考察していきたいのですが、ミュージシャンはもちろん文化人類学の学者さんとのトーク・セッションなんかもやってみたいなと思います。来ていただくお客さんにさらに豊かな体験を提供できるかなと思いました。

CA3A0290.jpg
その後西宮北口にあるBeer Cafe Barley ビアカフェ・バーレイで”よなよなエール”を呑む。



今回のトークの大まかな流れと紹介した音源を書いておきます。参考にしてください。

【フィールドレコーディング分類】
① 自然の音の録音:今回の話の中心
② 昔のフォークソングものの記録:現地録音モノ。
Various Artists 『Women Artists of Lake Sebu』
Explorer Series
他nonesuchの一連のExplorer Series
③歴代大統領など政治・文化的な要人のスピーチの記録
  British LibraryからリリースされているVarious Artists 『Voices of History』

【音の辞典としてのフィールドレコーディング】
『Bird Mimicry: A Remarkable Collection of Imitations by Birds』The British Library

【長時間録音音源の登場】
『Kalimantaan Heaven Before Time』 Bernie Krause 

【90年代前後に入ってからのミュージシャン側の動き】
Stepping Into The Dark by Chris Watson
『Stepping Into The Dark』 Chris Watson
『Chill Out』 The KLF

【21世紀に入って】
『Traveling with Sounds 2』Sound Bum

【自然音を使用している楽曲紹介】
1960年代から70年代にかけて
M1:「Ask Me No Questions / Bridget St. John」from “Ask Me No Questions” 1969

アルゼンチンからの音楽
M2:「Bahia Carmesi / Mono Fontana」 from” CIRUELO” 1998

21世紀に入って
M3:「Shima_Zori / enami Taisuke」 from”HILL”2008

Mudanin Kata
M4:「Mudanin Kata / David Darling & Wulu Bunun」from” Mudanin Kata” 2010

以上となります。
またお会いしましょう。 

« オトダマ・ラジオ2010年10月11日放送分 曲目リスト - Home - トークイベントの仕込み音源達ですね »

2 comments
コーフン覚めやらず
いや~、すごかった。
ご婦人の知的コーフンは大いに跳ね上がりました。
家に帰って寝ていても、enamiさんのレクチャー受けてました(笑)
で、もっと知りたくなりましたさ。
「enamiさんの音楽講座」シリーズ化決定しましたので、お伝えします。
では、また。
ご婦人さん

ありがとうございます。
講義というより、なんでしょう、一緒に旅行できれば楽しいよね!といった感じですよ。
恐れ入ります。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop