プロフィール



-LIVE INFO-
2017_3_31 香川

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもありがとうございます。満員御礼

enami Taisuke music talk live"世界音旅 music travel around the world”


【世界音旅 第1回目「アイリッシュ・北欧トラッド音楽特集」】
無事終了しました。
最初に機材のセットで少し戸惑いスタートが遅れてしましまいました。すみませんでした。

それでもセレクトしてきた曲が終わる度に拍手が起こったりと予期せぬお客さんの反応がとても嬉しく調子にのって2時間30分も話してしまった。

今回はアイルランドの音楽がモダン化してきたプロセスを中心にみながら、アイルランドの音楽の広がり方(『「観光」としての「アイルランド」音楽消費』加藤晃生までの範囲を含む)といった内容やミュージシャンの世代を超えた交流の話、そして北欧の今のトラッド・シーンも紹介していきました。
来て頂いたお客さん用に用意したお土産も気に入っていただけたら嬉しいです。

以下に昨日のセットリストを載せておきます。
「あの曲なんだっけ?」の時に参考にしてください。

第1部
M1:「The Kinderman’s Fancy /Planxty」 from 『LIVE2004』 2004
M2:「Eirigh 's Cuir Ort Do Chuid Eadaigh/Altan」 from 『Local Ground』 2006
M3「Farewell to Miltown Malbay/Padraigin Ni Uallachain」 from 『聴いて学ぶ アイルランド音楽 (CD付き)』
※オリジナルアルバムは『An Dara Craiceann』1995です。
M4:「No Credit / The Chieftains」 from 『BBC4's Irish Folk In concert from 1977 at Southport Arts Centre』 You-tube映像から
M5:「Junior Crehan's Favourite・Corney is Coming/ Planxty」 from 『Planxty』 1973
M6:「Langstrom’s Pony/De Danann」 from 『The Mist Covered Mountain』 1980
M7:「Fionnghuala / The Bothy Band」 from 『Old Hag You Have Killed Me』 1976
M8:「Happy To Meet / The Chieftains」 from 『Another Country』 1992
M9:「Roaring Water / Altan」 from 『Blue Idol』 2002
M10:「An-Tuil /Dervish」 from 『MidSummers Night』 1999
M11:「Reels: Lady Montgomery’s・Follow Me Down To Carlow・Give The Girl Her Fourpence・Jenny Tie Your Bonnet / Teada」 from 『Inne & Amarach(Yesterday Tomorrow)』 2006
M12:「Tidy Ann / Maighread and Triona Ní Dhomhnaill」 from 『Idiar an Da Solas』 1999
M13:「Dogs Among the Bushes / Tread」from 『Live From Matt Molliy’s』 2009
歓談BGM
M14:「Morning Nightcap / LUNASA」 from 『The Story So Far』 2008
M15:「Natter Jack / FLOOK」 from 『Rubai』 2002
M16:「Mac Jigs / Munnelly」『Tight Squeeze』 2009
※日本ではMP3ダウンロード販売のみ


第2部
M1:「Enhorningen / Frifot」 from 『FLYT』 2007 (Sweden)
M2:「Skärmarbrink / Sofia Karlssons」 from 『Soder om Karleken』 2009 (Sweden)
M3:「The Botanist / Väsen」 from 『Väsen Street』 2009 (Sweden)
M4:「Close to Eight / Nordik Tree」 from 『Contradans』 2010 (Finland)
M5:「Laiska / Varttina」 from 『Ilmater』 2001 (Finland)
M6:「Andrea Berge, Hamborgar / Britt Pernille Frøholm & Irene Tillung」 from『Eins』 2010 (Norway)
※日本ではMP3ダウンロード販売のみ
M7:「Hermannin mollipolkka・Lapikaspolkka・Aution Matin polkka / Markku Lepistö」 from 『Silta』 1997 You Tube 映像から (Finland)
M8:「The Manson’s Apron/The Chieftains」 from 『An Irish Evening』 1992

会場のダルブッカもとてもよい雰囲気の会場。もちろん料理もおいしかったです。
みなさん、会場のダルブッカさん、スタッフのきかくのこさん
ありがとうございます。

次はまた1月ですね。
よろしくおねがいします。

企画 きかくのこ
のこのこにっき:http://kikakunoko.jugem.jp/
トーク 江南泰佐

« オトダマ・ラジオ2010年12月13日放送分 曲目リスト - Home - オトダマ・ラジオ2011年12月9日放送分 曲目リスト »

- comments
2 comments
またもや、素晴らしい!
お疲れ様です。
皆様に大好評だったと思います。
最後の曲の選曲が良かった。たくさんの拍手でしたね。
次回、お札発行しますか?(笑)
Re: またもや、素晴らしい!
ご婦人様

ありがとうございます。
お札ですか!それはちょっと・・・。
チーシャツとか作りたいですね!

> お疲れ様です。
> 皆様に大好評だったと思います。
> 最後の曲の選曲が良かった。たくさんの拍手でしたね。
> 次回、お札発行しますか?(笑)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。