プロフィール



-LIVE INFO-
2017_3_31 香川

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド・レコーディングのイベントも無事終了しました。

enami Taisuke music talk live"世界音旅 music travel around the world”

enami Taisuke音楽トークライブ『世界音旅』
今回で4回目となりました。
 
タイトルは『気がつかなかった音の世界が広がる!フィールド・レコーディング・ミュージック』

今回は神戸岡本のミドリ・カフェにて開催させてもらいました。雨の中たくさんのお客さんに来ていただきうれしかったです。そして楽しかったです。

今回のセレクトです。今回来れなかった人もセレクトを見て「ほほー、なになに」と楽しんでいただけるとうれしいです。

【イントロダクション】
神戸岡本の駅から会場のミドリカフェまでの道を録音しながら歩いた様子をまずは聞いてもらいました。
音が右から左へと流れながら、時には学生が通り過ぎたり、いきなり自転車が横切ったりと、改めてきく街の音像。自転車の音ってなんでこんなに気持ちよいのだろう。

2011_5_28_1.jpg
お店の雰囲気もバッチリです。ミドリカフェです。グー!

【第1部セレクト】
まずは最近リリースされた自然音CDの紹介から入りました。
M1:「Rainforest Requiem: Recordings of Wildlife in the Amazon Rainforest / Richard Ranft」from『Rainforest Requiem: Recordings of Wildlife in the Amazon Rainforest』2006
M2:「Lisbon / Sound Bum」from 『Sound Bum:traveling with sounds』2008
M3:「Vatanjokull / Chris Watson」 from 『Weather Report』2003

その後は20世紀中頃以降の音源をポップスも交えながら紹介。
M4:「Etude aux chemins de fer / Pierre Schaeffer」 from 『L'Oeuvre Musicale』1948年録音
M5:「Exotica / Martin Denny」 from 『exotic sounds』1968
M6:「Hippopotamus / no credit」 from 『Animals of Africa Sounds of the Jungle,Plain&Bush』1973
M7:「Blackbird / the Beatles」from 『the Beatles』1968
M8:「What's Going On / Marvin Gaye」from 『What's Going on』1972

長時間録音の自然音アルバムや現地録音モノを紹介。
M9:「Kalimantaan Heaven Before Time / Bernie Krause」from『Kalimantaan Heaven Before Time』1992
M10:「The Introductions, greetings to Buddha /No Name」 from 『Sri Lanka Musiques rituelles et religieuses | Ritual and religious music』1982
M11:「Kukonga Point - Evening Polyphony / the Ituri Pygmies」from 『POLYPHONY OF THE DEEP RAIN FOREST Music of the Ituri Pygmies』1982

2011_5_28_2.jpg

【第2部セレクト】
ここからは自然音のサンプルを楽曲に取り入れているミュージシャンの音源をセレクト。
M1:「Bahia Carmesi / Mono Fontana」 from 『Ciruelo』1998
M2:「Frozen /Terje Isungset Trio」 from 『Iceman Is』2007
M3:「Shima Zori / enami Taisuke」 from 『HILL』2008
M4:「Mataisah-hik Sagan (My Dream Last Night) /David Darling & The Wulu Bunun」 from 『Mudanin Kata』 2002録音

【エンディング】
自然音だけを使った即興のライブ。

落ち着いた雰囲気の中で進行させてもらったこともあって、ゆっくりとした時間が流れたかもしれませんね。スカッシュの試合の音やチョークで黒板に書く音なんかも交えて、いろんな音を紹介・セレクト。自分達の身の回りの環境に対する意識も変わるかもしれません。同時に新しいコミュニケーションづくりの一つのきっかけになるととてもうれしいと思います。

自然音を”癒し・ヒーリング”という文脈でとらえて聞くのも良いかもしれないけど、もっと別の切り口・可能性もあるんじゃないかと思いますがどうでしょう。

来て頂いた皆さん。会場のミドリカフェ。そしてUstreamで見ていただいた皆さん。プロデューサーの"のこ"さん。
ありがとうございます。

気になる世界音旅次回は6月25日です。
テーマは「世界音楽島巡り」
お楽しみに!

« オトダマ・ラジオ2011年5月30日放送分 曲目リスト - Home - オトダマ・ラジオ2011年5月26日放送分 曲目リスト »

- comments
2 comments
No title
過去2回楽しく参加させて頂いたものです。今回も興味あったのですが都合がつかず、残念でした・・・

昨日、NHKの『Amazing Voice』の再放送、ブルターニュの妖精をたまたま観たのですが、音を聞いた途端に、前回のケルトと同じだ~!と思いました。番組の中でもその後ケルトからの影響を説明していて、ひとりニヤついてました。

enamiさんからご紹介頂いて、私の音楽の幅が広がったようで嬉しいです。

次回?夏?だかのアフリカ編もとっても楽しみにしています。
またよろしくお願いします~ <(_ _)>
Re: No title
おかもとさん

コメントありがとうとございます。
過去2回も参加していただいてとてもうれしいです。

アフリカ音楽特集の時にもまたお越しくださいね。

ありがとうございます。

> 過去2回楽しく参加させて頂いたものです。今回も興味あったのですが都合がつかず、残念でした・・・
>
> 昨日、NHKの『Amazing Voice』の再放送、ブルターニュの妖精をたまたま観たのですが、音を聞いた途端に、前回のケルトと同じだ~!と思いました。番組の中でもその後ケルトからの影響を説明していて、ひとりニヤついてました。
>
> enamiさんからご紹介頂いて、私の音楽の幅が広がったようで嬉しいです。
>
> 次回?夏?だかのアフリカ編もとっても楽しみにしています。
> またよろしくお願いします~ <(_ _)>
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。