プロフィール



-LIVE INFO-
2017_3_31 香川

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸ArtTheater dBにて行なわれた公演『Tool』も無事大盛況

先日行われた『Tool』という"sound×body×image×object- 生の「音と身体と映像」でどこか知らない場所へ"というコンセプトのイベントに出演してきました。

無事に終了。ほっとしています。またしても汗だくだ。

今回の僕が参加したチームは下記のメンバー

SOUP [Dance] × 仙石彬人 [TIME PAINTING] × 田中宏昭 [Perc] × 江南泰佐 [Synth, Field Recording Samples,Piano]

soupとは2回目。soupの徳島さんとはこれで3回目。仙石さんとは京都にてなんどか会って話しながらもチームを組むのは初めて。田中さんも初めて。


2012_6_20 tool
撮影:仙石彬人

きちんと構成があってその中での即興演奏・制約の中の自由という即興演奏となります。
今回はまずダンスがあり、それを盛り上げる音楽・映像という関係。
短期間の中でひとつの舞台の作品をつくり上げるにはメンバー間のコミュニケーションがとても大切です。
スムースにしきってくれたsoupのメンバー2人に感謝です。

今回のチームではリハーサル、ゲネプロをこなし、そして本番に臨みましたが、どれも違った演奏になりました。当然といえば当然だけど不思議だ

僕はピアノよりはシンセ・メインで音の粒子を会場に広げて行く手法でアプローチしました。
それでも気がついたらピアノを演奏していたようで、演奏後指摘されるまでピアノを演奏したことすら忘れてしまっていました。仙石さんの映像はまるで細胞分裂しながら増殖していく時間のような印象。田中さんの音階付き打楽器の音色よかった。soupの2人の公演終了直後の笑顔が素敵。無事になんとか終えたかなと。


会場のスタッフさんも丁寧で親切で、どこかのライブハウスとはまったく違う対応で大変ありがたかったです。

今回のイベントの仕掛け人の西岡樹里さんのダンスがとても気に入った。チャンスがあれば見てほしいです。

他の出演者は2チーム
■山中透-guest-×藤井斉子[Pf]
■藤井斉子[Pf]×西岡樹里[Dance]

ここでのつながりからまた後日動き出すこともあるかもしれません。
アグレッシブにいきたいです。

みんなありがとうございます。

« Kansai Acousmatic Art Festival2012 に参加してきました - Home - オトダマ・ラジオ2012年6月21日放送分 曲目リスト »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
1 trackbacks
まとめtyaiました【神戸ArtTheater dBにて行なわれた公演『Tool』も無事大盛況】
先日行われた『Tool』という


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。