2016年10月15日【オープンまるびぃ2016 ー夜も美術館ー】@金沢21世紀美術館 無事終了

2016_10_15 オープンまるびぃ2016_1
2016_10_15 オープンまるびぃ2016_3
2016_10_15 オープンまるびぃ2016_4
撮影:奥 祐司

「影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐
ー おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに ー 」所感
もともと音楽や美術、演劇、踊りなどは分化されておらず、それらは自然崇拝や先祖の魂と触れる為の儀式として伝えられてきた。
そうした根源的なものを忘れつつあると言われている我々現代人でも、自分とは違う「他の何か」と交流することで心が震えることを知っているし、「新しい表現手段の発見に立ち会う喜び」に対して完全に無関心というわけではないことは確かだろう。
そもそも”音楽以前”、”アート以前"なのである。”場”が立ち上がって”村”になり”村祭”が現出したことを目撃できた過程が作品ということなのかもしれない。反省点は個々の持ち場のメンバーがしっかり持っていると思うが、こうした現代的な”個人の表現 以前”というところの作品(ここであえて「作品」という表現をとることの意味もあわせてどうぞ)を目指せたことがチームの収穫かもしれない。
関わっていただいたすべての方々に敬意と感謝を。
ありがとうございます。



オープンまるびぃ2016 ー夜も美術館ー 関連イベント
「影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐
ー おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに ー 」
□日時:2016年10月15日(土)18:00~21:00
□出演:影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐
□料金:入場無料
□会場:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団] プロジェクト工房
□連絡:金沢21世紀美術館 交流課 TEL 076-220-2811




8月の音楽ワークショップ・ツアーも無事終了。東京都 アーツ千代田 3331& 金沢市民芸術村ドラマ工房


2016_8_7 アーツ千代田 3331_1
撮影:岩井美佳

2016年8月7日(日)
【WS おどる影絵!】@アーツ千代田 3331「ポコラート全国公募展vol.6」
音楽と影絵のワークショップ「おどる影絵!」満員御礼の中無事終了。音楽やアートを介したコミュケーションを目指すワークショップという性格上、こういったワークショップは、最初のオープニングから人々が「関わり始めるその”場”」が作品といえるかもしれない。チームとして初めての試み。感想としては無事やり終えてホッとしているのが正直なところ。



2016年8月20日(土)
【WS おどる影絵!】@金沢市民芸術村ドラマ工房「WS おどる影絵!/ 影絵芝居 夜叉ケ池」
こちらでは大人の参加者の方が多かったので、東京で実践したことをより多層的に展開。続々と作成されるワヤンが登場するたびにその動きに合わせて演奏が始まる、ワヤンの動きに対応するような、人力インタラクティブ的な演奏プログラムを視野にいれたWSを展開。

このチームでのWSは音と影と人形によるコミュニケーションを体験することに焦点が当てられている。サウンドをどのように光や影と、あるいは人形の動きと合わせて、あるいは無視していくかということがテーマのひとつ。今後一箇所でじっくり期間をとって展開していくことでできるコミュニケーションも経験することができたら嬉しいが、それはまた来年。




【WS おどる影絵!】東京編
・2016年8月7日(日)
会場:ポコラートワークショップ@3331Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
定員:20名(小学生未満保護者同伴)
ワークショップメンバー:岩井美佳、西田有里、Ananto Wicaksono、江南泰佐

【WS おどる影絵!/ 影絵芝居 夜叉ケ池】金沢編
・2016年8月20日(土) 15:00〜17:00「WS踊る影絵!」 / 19:00〜「影絵芝居 夜叉ケ池」
・2016年8月21日(日) 15:00 start 「影絵芝居 夜叉ケ池」
会場:金沢市民芸術村ドラマ工房
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1  TEL:076-265-8300
観覧料前売1,500円 当日2,000円 中学生以下無料
ワークショップメンバー:岩井美佳、西田有里、Ananto Wicaksono、江南泰佐、
近藤 チャコ、松田仁美



7月9日(土)、10日(日) 江南泰佐・岩本象一・石川征樹 夏の2DAYS演奏会 無事終了


カルティベイトべっき中
撮影:Shoko Bekki

"雨音のもよう"
カルティベイト山本さんのお料理はほんとうにすばらしい。地元の食材・メーカーさんとしっかり繋がっている。
集まってくるゲストの面々を見るに素敵な人たちにカルティべイトは愛されているんだなということがよくわかる。
事前にピアノの調律もしていただく。
あらためてカルティべイトのみなさん本当にありがとうございます。
カルティベイト 記念写真
撮影:カルティベイトスタッフさん

"身 音 採 取 "
関西でピアノの状態が良い会場のひとつ。
昨夜と響きがまた違うグランドピアノ。
雰囲気からして大人のお酒のお店。丁寧な接客サービス。お酒もすばらしい。

神戸ではアンコールもいただき、3人の即興のセッションを展開。

神戸バーリクエスト 天岸
撮影:天岸 藍子


来ていただいたみなさん、チラシを置かせてもらった各お店、会場さん、スタッフさん、チラシまきまきを快く引き受けてくれた友達、ツアー・スタッフとして動いてくれた福永さん、神戸での僕の衣装担当してもらったバンブーブックさん、そして共演の音楽家岩本象一さん、石川征樹さん
お疲れ様でした。感謝。

2016年5月7日【Dear,Soup every moment is unique】@神戸アートビレッジセンター無事終了

すばらしい舞台をつくりだしたSoupの2人に拍手を。
関わってくれたみなさん、お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございます。

2016_5_7 dear soup 1
撮影:Kitajima Nobuaki

kehai_music と作曲 Soup公演を終えて
音楽についていえば”作曲”、”演奏”という個人証明のハンコをバンバン押すことにばかり焦点が当てられるけれども、いかに自分の気配を消していくかということにも個人的には関心がある。
アカデミックな話ではなくて、使い古された「音楽と身体」の話と一部リンクしながらも主語が第一人称= I ではない”演奏”。「何かがそうさせる」ということともちょと違う。
照明が発するサイン波はとても美しいと思う瞬間。それは今回の話とは少し離れるけれども、kehai_musicとつなぐために頓知が生まれる。舞台の音楽というのはそういうことなのではないだろうか。
ひと昔の”引きさかれ感”という文脈とは違う主体の”ゆらぎ感”について。



【Dear,SOUP】

every moment is unique

日時:5/7(土)15:00 /19:00の2回公演

※受付・開場は開演の30分前
場所:神戸アートビレッジセンター・KAVCシアター
料金:前売 2,400円、当日2800円


ー 江南泰佐+岩本象一Duoo ナリモ 2016 winter joint tour ー 無事終了 / ”快音採取”set list

ー 江南泰佐+岩本象一Duoo ナリモ 2016 winter joint tour ー
26日カフェスロー大阪「暗闇カフェ」
27日金沢HAAG「快音採取」
28日富山nowhere「白夜 BYAKUYA」

ナリモとの合同の一連の企画・ツアーもひと段落。
まずは、ご来場くださったみなさん、いつも応援していただいているみなさんありがとうございました。
また1月の金沢の公演でお世話になりひきつづきご縁いただいたみなさん。あらたに出会ったみなさん。ありがとうございます。

去年出会ってから、よくしてもらっているナリモというグループはガムランと唄とピアノのユニット。すばらしいです。ナリモと1月,2月と一緒に演奏出来たことは僕たちにとってほんとうにすばらしく、とてつもない喜びの一つです。関西のみなさん。ナリモをまた紹介しに回る予定なので、楽しみにしていください。彼女たちは録音に入るということなので期待して待ちましょう。

また1月と今回の2月のツアーに帯同してもらったFさん。大変ありがとうございます。
金沢、富山と写真撮影をしていただいた林さん。ありがとうございます。楽譜をめくる音に反応されていたとは!
またピアノという繊細な楽器を大切に扱っていただいている会場さんの姿勢もとても嬉しいです。ありがとうございます。
お客さんを集めていただき、すばらしいお料理、雰囲気作り、場所を提供していただいた各会場さんもあらためてありがとうございます。
大阪ではダルブッカ森内さんも参加。ステージづくりに奔走してくれたスタッフ久保田さんはじめカフェスロー大阪のみなさん。おかげさまでこちらも満員御礼。
P1030343.jpg
大阪カフェスロー大阪 撮影:奥瀬善大

金沢HAAGでは立地が町家のど真ん中ゆえ繊細なところにも気を使ってくださった会場の関係者さん。宿泊もお世話になりました。また「快音採取」を取り上げていただいた石川テレビ「みんなのニュース エキナカ伝言板」とFM石川 「sunset express MOVE」DJ木村雅幸さん。次はスタジオにて!
HAAG 林
金沢HAAG 撮影:ハヤシハジメ


富山nowhereではすばらしいお料理の数々。生花を使った演出の華道家、藤木卓さん。PAと迎賓音楽担当のsabusaveさん、10年以上ぶりかもしれないSSWのゆーきゃんさん。
nowhere 福永
富山nowhere 撮影:福永祐美

ながなが書いてきました。いつも危機感満載の中ステージに立っているわけですが、背筋がスースーする緊張感に喜びを、音楽に忠誠を。

最後に岩本さんいつもありがとう。僕たちはネクストに入っていくとおもいます。楽しみにしていてください。

ありがとうございました。

江南泰佐

<快音採取 ”多レイヤー化するアコースティック音楽特集”set list>
opening theme:「Shima Zori /enami Taisuke」『HILL』2003
M1:「Tema De Maela/Minino Garay y los Tambores del Sur」 『Minino Garay y los Tambores del Sur』2002
M2:「Esa Tristeza /ACA SECA TRIO + DIEGO SCHISSI QUINTETO」『ACA SECA TRIO + DIEGO SCHISSI QUINTETO』2014
M3:「Bunadsbangla/Christian Wallumrød Ensemble」『Outstairs』2013
M4:「月ぬ美しゃ/大島保克 with ジェフリー・キーザー」『大島保克 with ジェフリー・キーザー』2007
M5:「The Second Collection Pattern V / 藤枝守」『 Patterns of Plants 』1997 ※ナリモ岩井セレクト
M6:「Gd. Kagok Laras (グンディン カゴッララス)/STSI Surakarta(エステーエスイー スラカルタ)」『未リリース/ライブ音源』※ナリモ西田セレクト
M7:「 Threnody for Steve Lacy/ Evan Parker 」『Time Lapse』2006
M8:「09/ Giuseppe Ielasi」『Or A Set Of Models』2013
M9:「robber/S.Otto Mawi 岩本象一」『voyage』2016岩本象一リリース予定
M10:「El Caballo vo.Lila Downs/ The Chieftains featuring Ry Cooder」『San Patricio 』2010



ー 江南泰佐+岩本象一Duoo ナリモ 2016 winter joint tour ー
26日カフェスロー大阪「暗闇カフェ」
27日金沢HAAG「快音採取」
28日富山nowhere「白夜 BYAKUYA」


プロフィール



-LIVE INFO-
2018_3_21

-MUSIC ALBUM!-
new album
2014.11.18 release
enami Taisuke "f e r m e n t"
(Meister Musik)
最終fermentジャケット案 のコピー
・ゲスト・内容紹介
・試聴


2008.12.3 release
enami Taisuke "HILL"
(Meister Musik) sold out

・内容紹介


-RADIO NEWS!-
オトダマ・ラジオ(KBS京都ラジオ)は2013年9月をもって終了となりました。4年半ありがとうございました。
・オトダマ・ラジオ感想

カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -